THE NINTH GATE GRILL/ザ・ナインスゲート・グリル

더 나인스게이트 그릴

閉店・移転、情報の修正などの報告

ウェスティン朝鮮ホテルでいただく高級コンチネンタル料理!味に景色、サービス、雰囲気、どれも「さすが」なレストラン!


こんにちは!ソウルナビです。みなさんも韓国グルメが大好きだと思いますが、韓国料理にちょっと飽きたとき、またちょっとシャレこんで!?ムード満点に食事を楽しみたいときってありますよね。たまには韓国でフランス料理のような洋食系の食事を堪能してみたい…そう思っていた方々!今日はハイクオリティなコンチネンタル料理が堪能できる「THE NINTH GATE GRILL」をご紹介しましょう!ここは特一級ホテルの「ウェスティン朝鮮ホテル」に入っているレストランで、味やサービス、雰囲気、どれをとっても一流。大切な日の食事や自分へのご褒美として訪れたい、韓国を代表するレストランの一つになっています。いったいどんなお店なのか!?さっそく見ていきましょ~!

5つ星ホテルに入った有名レストラン!

この「THE NINTH GATE GRILL」が入っているウェスティン朝鮮ホテルとは、韓国の中でも1、2を争うほどの代表的な高級ホテル。このレストランはそんなホテルの顔となるロビーフロアに位置しています。店名にある「THE NINTHGATE」というのは、朝鮮時代にあったソウルの4つの大門(南大門や東大門などの四大門)と4つの小門(四小門)に次ぐ、9つ目の門と言う意味でつけられたもの。炭を使ったグリルで直火焼きするステーキをはじめとした西欧料理を堪能できる、韓国でもっとも古い西洋式レストランなんです。位置もソウル中心部の市庁(シチョン)エリアで観光客が最も多く訪れる明洞(ミョンドン)からも近く、アクセス便利なロケーション。
あの歴史的著名人も訪れた!?
由緒ある「THE NINTH GATE GRILL」は歴史上の有名人が訪れたことでも有名!あのマリリン・モンローにモハメド・アリ、マッカーサーなど海外から訪れた各界の著名人がここで食事をしたとか。古くから一流のレストランとして伝統のあるレストランなんだな~ということを改めて実感させられます。

店内の様子は!?

店内は、ゆったりと十分なスペースがとられたテーブルの配置が窮屈さをまったく感じさせない、開放的なつくり。ゆっくり歓談をするのにもピッタリだし、なにより大きくとられた窓も開放感があって気持ちいい!ホテルの敷地内には朝鮮時代の祭壇である「円丘壇(ウォングダン)」があるのですが、「THE NINTH GATE GRILL」はこの円丘壇に面しています。テーブルから外の景色を思う存分堪能できるので、食事をしながら建物の中にいることを忘れてしまうかも!?そして明るいところで見ても鮮やかな色彩が美しいこの円丘壇、夜は夜でライトアップもされるんです!昼とはまた一味違った美しさを堪能できるのも魅力~
夜の様子はこんな感じ! 夜の様子はこんな感じ!

夜の様子はこんな感じ!

個室だってありますよ!
店内には個室タイプの席もあり。全部で5つの部屋があり、最大で16人ほど入れる個室も準備されています。親戚などとの集まりで比較的たくさんの人が集まるときはもちろん、ビジネス関係の食事で何人か集まる際はこういったお部屋を利用するのが便利。利用の際はあらかじめ予約を入れておいてくださいね!

料理にはどんなものが!?

朝鮮ホテルの中でも腕自慢のシェフたちが作る料理はまさに芸術作品のよう。ステーキなどの肉料理はもちろん、魚料理、また数々の前菜やスープなど、一つ一つの味をかみしめて食べたくなるものばかりです。中でも、国産韓牛やオーストラリア産の和牛など最高級の食材を直火で焼き上げた、ジューシーで炭火の香り豊かなステーキが有名。国内初のメニュー、韓牛のLボーンステーキが一番のオススメとか。グルメの間でもステーキといえばここといわれるくらいだそう!

メニューの内容はコースを含め定期的に変わる上、季節に合わせた限定メニューが用意されていることも。今回写真でご紹介するコースはナビ取材時に準備されていた、「Italian Chef’s Black Truffle」というディナーコース。一品一品にブラックトリュフを使った「超」の付く贅沢なコースでお店のメニューの中でもダントツの高価さ!ナビも実際いただいたのですが、食事が終わるころはその価値を十分に実感でき大満足でした~。
(※メニューは変わるので参考までに、取材時のものをご紹介します。)
ホタテを使った前菜
ホタテを使った前菜

ホタテを使った前菜

パン パン

パン

子牛カルパッチョのトリュフのせ 子牛カルパッチョのトリュフのせ
子牛カルパッチョのトリュフのせ 子牛カルパッチョのトリュフのせ

子牛カルパッチョのトリュフのせ

トリュフと栗のスープ トリュフと栗のスープ

トリュフと栗のスープ

トリュフソースのフォアグラのラビオリ トリュフソースのフォアグラのラビオリ

トリュフソースのフォアグラのラビオリ

トリュフシャーベット トリュフシャーベット

トリュフシャーベット

アラビカソースのオーストラリア産wagyu(和牛) アラビカソースのオーストラリア産wagyu(和牛)

アラビカソースのオーストラリア産wagyu(和牛)

トリュフチョコレートケーキとほうじ茶アイスクリーム トリュフチョコレートケーキとほうじ茶アイスクリーム

トリュフチョコレートケーキとほうじ茶アイスクリーム

コーヒーまたはお茶 コーヒーまたはお茶

コーヒーまたはお茶

例えばホウレン草のソテー一つとっても素材の味を実感できるおいしさ。一口一口を大事にして食べたいというこの感覚、本当に久しぶり。スローフードを体験できる感じですね。

◎ワインも豊富!

おいしい料理のお味をいっそう引き立ててくれるワイン。ここ「THE NINTH GATE GRILL」は有名なワイン専門誌「Wine Spectator」にて最も優れたワインを保有しているレストランとして選ばれたこともあり、お店には300種あまりの世界各国のワインが置かれています。オーダーするときは食べる料理に合うものをプロの目で(お店の人に)選んでもらうのが一番かも!

◎ハイクオリティなサービス!

おいしい料理を食べるためにレストランに行くのはみんな同じ。でも、料理って味はもちろん、接客やサービスによってさらにおいしさがUPするものですよね!そんなことを気づかせてくれるのがここ「THE NINTHGATE」のスタッフ。よく気がつくしサービスも秀逸なのに、堅苦しさを感じさせない雰囲気もしっかりアリ。キリッとした部分とフレンドリーさを上手に使い分けられている、という感じかな!?ステキな食事タイムに花を添えてくれる接客、これはみなさんが実際に訪れて感じていただきたい部分の一つです^^
決してお安くはない、かなり贅沢なお料理であるこちらのメニュー。でもその価格に見合ったサービスと味を提供していること、お店を訪れた人は実感できるのではと思います。聞いてみると、恋人との記念日など特別な食事、また中高年夫婦やお友達同士との大切な時間を過ごすため、こちらを利用する日本人観光客の方々も多いそう。仕事上のパートナーとの食事に利用する人も多いようで、取材時も景色を眺めながらゆったりと食事をするビジネスマンの方々をみかけました。大切な日にステキな思い出となる食事をされたい方、韓国を代表するレストラン「THE NINTH GATE GRILL」なら満足いく時間を過ごせるはず。一度訪れてみてはいかがでしょうか?^^以上、ソウルナビでした。

記事更新日:2013-02-22

ページTOPへ▲

主なメニュー

単位:ウォン

ブレックファーストセット

※価格は時期・内容によって変わります。
48000

ランチコース

※価格は時期・内容によって変わります。
91000

ディナーコース

※価格は時期・内容によって変わります。
120000/145000

アラカルト(スープ・サラダ)

13000-33000

アラカルト(シーフード料理)

25000-54000

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2008-12-23

スポット更新日:2013-02-22

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供