白凡広場

ペッボムクァンジャン백범광장

閉店・移転、情報の修正などの報告

ソウル城郭に沿った散策道のある南山中腹の憩いの広場

photo

ソウル中心に位置する南山の中腹にある広場。1876年に生まれ、南北統一政府樹立を目指し、統一独立促成会を組織した独立運動家の金九(キムグ)の銅像が置かれています。白凡(ペッボム)とは彼の号。この広場にはかつて元大統領、李承晩(イスンマン)の銅像が置かれていましたが、1960年の4.19革命(四月革命)の後、取り壊されました。そして1968年に金九の銅像が置かれ、白凡広場に。その後、2010年過ぎ頃からソウル城郭の復元工事とともにリニューアルが行われ、2013年に完成。緑の芝生と復元された城郭が美しい憩いの広場として生まれ変わりました。敷地内には南山公園の管理事務所として使われている韓屋の建物もあり。

ページTOPへ▲

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2013-06-27

チェックイン日
宿泊数
部屋数 部屋1 大人 子供