慶州・釜山へのバス節約旅行!!

2泊3日慶州・釜山の旅で有名所を巡れるだけ、巡ってみました!!

こんにちは!レポーターのジュンです。9月、語学堂も休みに入り、1ヶ月の休み期間!この休み期間、お金をあまりかけず旅行したい!ということで、2泊3日で観光地メジャー所の慶州・釜山に節約旅行に行ってきました!もちろん節約旅行なので、交通移動手段はバスです
高速バスターミナルから、バスに乗り込みます。1日目は慶州!慶州行きのバスは京釜線!高速バスターミナル駅の改札を出たらすぐに京釜線の案内があるので、それに沿って進めば安心です。バスには優待席と普通席があります。普通席は優待席に比べると本数が少ないので、あらかじめ時間をチェックして行きました。優待席で行っても良かったのですが、値段が1万ウォン近く違ってくるので、結果やはり普通席を選択しました。バスに乗り込んだ時間は6時40分。眠たい目をこすりながら、遅刻しないように早めに家を出発しました。
慶州行きは7番口から出発します!途中渋滞などもあり、30分近く遅れましたが、無事に到着。
パーキングエリアにも1ヶ所、寄りました。ほとんど日本のパーキングエリアと同じですが、売っているものは、やはり韓国!ホットッやトッポギなどが売られていました。
慶州に着いたころには、もうお昼前になっていました。お腹がすいた私たちは、まず腹ごしらえに昼食を食べに行こうと思いましたが、交通が本当に不便で移動手段がバスかタクシー!とりあえず、タクシーの勧誘がものすごいです!日本語メニューで一日観光コースなども用意してあり、7万5千ウォン;;さすがに節約旅行でこれは痛い出費になると思い、これから行く予定である仏国寺までだけ乗せて貰いました!割り勘で一人6000ウォン程度。
仏国寺の近くにタクシーの運転手の推薦の食堂があったので、そちらを利用!慶州なのに、釜山??という疑問はおいといて、食事をいただきました。メニューは厳選されており、少なめ。しかしアジュンマの人柄の良さで、おかずの中にパジョンも1つサービスしてあり、それなりに満足です!
食事を済ませたらいよいよ仏国寺へ!なんと学生料金がある!!と思いきや、24歳まで。韓国の年では、24を過ぎています!一応学生証を見せ、買えるかなあ~と試してみましたが、年齢がダメだと言われ、一人だけ普通のチケットを買いました;;この時はじめて、年をとったなぁと感じました(泣)
さあ、仏国寺の中に入っていきます。中から建物までは少し歩きますが、自然の道を歩いていくので、ちっとも苦になりません!
建物に着いたら韓国の方よりも外国人のほうが多い!しかも欧米人も結構来ていました。さすが世界遺産です!天気が晴れていたので、こんなに良い写真も撮れて満足です。う~ん建物もすごい趣が感じられます。
一通り見た後、今度はもう一つの世界遺産、石窟庵へ行ってきました。仏国寺からバスで30分程度、山の上にあり、下にある街がこんなに小さく見えます。景色もきれいです。
頂上にある石窟庵へ着いたら、次のバス到着時間は1時間後と聞かされました。その次はいつになるか分からないので、駆け足で観光を開始!ここでも学生料金は24歳まで;;少し過ぎてしまっているので残念です
入り口から石窟庵までの道のりが意外と長かったです!さすが山の上だけあって、山道です。15分ほど歩くと、石窟庵に到着!しかし、メインの建物がもう一つ山の上にあり、これを見ない訳にはいかないと思い最後は急いで目的地まで走りました。ここからの眺めも最高で、本当に来て良かったです。歴史も感じれ、自然も味わえて言うことなしです。
慶州最後の旅は国立慶州博物館!なんとこの日はチケット無料!12月の末まで無料期間だそうです。確かソウルの国立古宮博物館も今の時期、無料だったはず。いい時期に訪れました。

国立慶州博物館と似ているものが数多くあり、物品の量なら国立古宮博物館の方が多いです。しかし1つ1つ収められている建物は慶州の方が立派で、外に残されている寺院なども見ごたえがあり、こちらもオススメです。
さて、慶州観光が全て終わり、軽く歩いて、周りを見ながら夕飯を食べる所を探しに行きました!その歩いている途中、慶州名物、慶州バン(皇南パン)を発見!このお店は韓国のTV局でも取材されていて、有名なお店らしいです。インターネット、電話、FAXでも買うことができるので、韓国在住の方ならどこからでも取り寄せることができます。慶州パンは日本で言う饅頭みたいなもので、皮は薄生地になっています。出来立ての慶州バンはもう絶品でした。慶州バンのほかにボリバン(麦パン)も販売しており、こちらボリバンはどら焼きを小さくしたものです、しかし生地が全然違います。モチモチしていて、個人的には、こちらボリバンのほうが好みです!
<ボンガキョンジュバン・チャルボリバン>
住所(韓国語)
경상도 경주시 이왕동 802-3번지
電話番号(054)749-0456
FAX注文(054)742-7872
E-mail  bread@gyeongjubread.co.kr
ホームページ ボンガキョンジュバン www.gyeongjubread.co.kr
       チャルボリバン www.boribread.com


夕食はたまたま見つけた食堂に入り海鮮パジョンとデジドゥブチゲ(豚肉と豆腐の鍋)を食べました。海鮮パジョンは出来立てアツアツで、すごいボリュームです。慶州の海鮮、チゲもおいしくいただきました。
2日目は釜山へ向かいます。慶州の高速バスターミナルから釜山へ行きました。今回は優待席と普通席の値段の差もほとんどないので、優待席に乗りました。前日に普通席で、長時間バスに揺られていたため、釜山までの50分間はすごく短く感じられ、優待席の座りごこちにも感動しました。
釜山に着いたら、まずは釜山の繁華街である西面(ソミョン)に行きました。西面の市場で腹ごしらえ!釜山は果物が安いです!!フルーツジュースがたった1000ウォン!!もちろん、その場で作ってくれます。しっかりとフルーツの味が出ていて、とても新鮮です。
屋台の定番マンドゥもありました!韓国ではやっぱり辛いものが好きみたいで、このマンドゥも、こちらは赤いタレを付けて召し上がります!しかし見た目ほどの辛さもなく、辛いものが苦手な私でも全然平気でした。
メインの昼食はこちらのクッパをいただきました。外でグツグツ煮込んでいる豚肉のスープに惹かれて入ってしまいました。ソウルでは、あまり見かけることがなかったので、韓国に来てはじめて食べました。薄味のスープにご飯が入っており、お好みで具やらコチュジャンを入れます。韓国内ではじめて食べたクッパは、香りも濃厚ですが、味はさっぱりしていました。
旅館のチェックインの時間が近づきつつあったので、海雲台(ヘウンデ)にある旅館に向かいました。西面を離れる前に焼き菓子の屋台を見つけたので買ってみることに…焼き菓子の中にピーナッツ、白アンが含まれており、おいしかったです。ピーナッツの入っていた方はタンコンパンと判明。タダのカステラと思い買ったので、意外な味の発見ができました。
さて海雲台にある旅館までは、地下鉄で海雲台駅まで行き、そこからバスで移動!その旅館は一階がマートになっていて、部屋はワンルーム形式で部屋の中にはキッチンもついています。
部屋に着いたら休む間もなく、次の観光地へ出発!時間が惜しいです。次に向かった場所は龍宮寺!海岸沿いにある寺院で、絶壁に位置するこの寺院はまた他とは違った雰囲気です。入るとまず十二干支の像が並んでおり、自分の干支も見つけることが出来ました!
人通りがすごく、入る前は屋台もたくさん並んでおり、軽いお祭り気分を味わえます。
中の本堂までの道のりは長い上に階段が!苦労した後の絶景ポイントは見る価値あり
こちらが本堂。皆さん本格的にお参りしていました。
釜山と言ったらやはり海です!本日の目玉!海水浴場に足をのばしてみました。まずは海雲台ビーチです!久しぶりの海は気持ちよく、水着も持ってきてないのに、浅瀬ではしゃいでしまいました。夕方ごろ行ったのと、海水浴シーズンが終わってきたのが重なって、人も思っていたほど多くなく、広々としていました。
一通り遊んだ後は海雲台の市場で、また海鮮パジョンを食べました。釜山の海鮮はおいしいです。
夜になって夜景を見るため、今度は別の海水浴場、広安里ビーチに!広安里海水浴場から広安里大橋がライトアップされている様子を眺めることができます。どこかお台場のレインボーブリッジにも似たような景色です。花火を売っているアジュンマがいて、海水浴場では花火を楽しむ若者の姿が多く見られました。
お世話になった旅館を後に最終日は釜山の市場を堪能しよう!ということで南浦洞にある市場を回ってきました!

まずはチャガルチ市場、ここではとにかく魚介類専門の市場!新鮮な魚介をその場で捌いている所も見学できます。最後は魚介類を思いっきり堪能しよう!ということで、ここの市場にある食堂で昼食をとることに。お店の店員さんと交渉の上、コースを一人、1万ウォンで頂けることになりました。刺身、焼き魚、炒め物、鍋の4種類です。さすが、魚介専門市場の中の食堂とあって、出てくる料理も新鮮な物ばかりです。
お腹もふくれた所で、お次は国際市場!すぐ隣にあるので、行くのも便利です。
ここはなんでも売っていて、それぞれの通りごとに売っているものが違うので、自分の好きな通りを見つけて歩くのも楽しいかもしれません。ここでホットッを売っている屋台を発見!食後のデザートにみんな1つずつ買いました。うん!今まで食べた中で1、2番目に入るおいしさ!仁寺洞で毎回、行列の出来ているホットッの屋台の味と良い勝負でした。
最終日である3日目、釜山からソウルまでは4時間半ほどかかるので、早めにソウルへ出発しなければならなりません。早々と、ここを後にして、釜山のバスターミナルへ向かいました。普通席で時間が合う席がなかったので、到着地を変更して、東ソウルバスターミナルにしました。ここはソウルの江辺(カンビョン)駅から徒歩2,3分の所にあるので、高速ターミナル駅とあまり、差がありませんでした!もちろん帰りのバスでは、ぐったり。予定時間通りソウルへ着いたら、疲れていたので、みんな真っ直ぐに家に帰りました。
以上私の節約旅行、慶州・釜山の旅をご紹介いたしました。この2泊3日の旅で、なんと宿代、交通費、食事代、観覧費、諸経費、全て込みで14万ウォン程度に抑えられました。
2泊3日という限られた時間の中で慶州、釜山のあらゆる観光地を巡るハードスケジュールでしたが、とても楽しい貴重な2泊3日の旅となりました。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2008-10-06

ページTOPへ▲

関連記事

慶州3大世界遺産巡りツアー(仏国寺&石窟庵・慶州歴史遺跡地区・良洞村)【釜山発】

慶州3大世界遺産巡りツアー(仏国寺&石窟庵・慶州歴史遺跡地区・良洞村)【釜山発】

新羅千年の歴史を肌で感じれる観光スポット!!!

その他の記事を見る