KTX旅行記第6弾!~慶州・釜山日帰りの旅~!

京釜線2段階区間(東大邱-新慶州-蔚山-釜山)開通日に乗ってきました!

新しくできた新慶州駅です。

新しくできた新慶州駅です。

こんにちは!ソウルナビです。先日11月1日に、韓国の新幹線KTX(韓国高速鉄道)の京釜線2段階区間の開通!ということで、さっそく開通日にあわせて乗ってきましたよ!この京釜線(キョンブソン)とは、ソウルから釜山を結ぶ線のこと。今まではソウルからKTX1本で行けるのは、東大邱‐密陽‐釜山というコースだったんですが、今回は海側の路線が開通したんです。具体的には東大邱から新設駅の新慶州、蔚山を通り、最後は釜山にたどり着きます。この開通によってなにが便利になったかというと、ソウルから慶州まで、KTXで乗り換えなしで2時間ちょっとで行けるようになったこと(以前は3時間半から4時間弱)、そして、ソウル⇔釜山が最短2時間18分に短縮されたこと(今まで最短2時間40分)。この2つのポイントをふまえて、今回はちょっと欲張って、ソウルから慶州・釜山のKTX日帰り旅行に決定!さっそく、れっつごごごごーーー!
<今日のだいたいの予定>
7:10
 ソウル⇒(KTX)⇒9:17新慶州
【慶州:(世界遺産(仏国寺、石窟岩)観覧、ランチ(韓定食)、慶州パン)】
15:30 慶州⇒(市外バス)⇒16:30釜山
【釜山:チャガルチ市場(夕食:海鮮系)、海水湯、南浦洞(PIFF広場・国際市場ぷらぷら)】
20:00 KTX乗車(釜山⇒ソウル)
22:35 ソウル到着

さっそく、KTX日帰り慶州・釜山のたびスタート!!

7:10 KTX乗車(ソウル⇒新慶州)
今回、予約したあとにもう少し早めにでるべきだったかな…とも思ったんですが、とりあえず、あんまり張り切っても疲れちゃうんで、この時間のスタートに(ちなみに新慶州行きは5時台からあり)。当日は余裕をもって…と思いつつ、ぎりぎり7時にソウル駅到着。3階のKTXに乗り場に行くと、あらら…改札がなくなったんですね。特に切符を改札にくぐらせたり、駅員に提示する必要もなし。そのままホームに直行です!

開通日!ということで、なにかあるかな?!と少し期待しましたが、まったく普通。通勤客なんでしょうか?ビジネス関連の乗客が多い感じ。
乗る前に売店にお立ち寄り。

乗る前に売店にお立ち寄り。

朝ご飯食べるんじゃなかった。

朝ご飯食べるんじゃなかった。

今日は逆方向の座席。

今日は逆方向の座席。

ちょっとおやつを買いました。

ちょっとおやつを買いました。

車窓の風景1

車窓の風景1

車窓の風景2

車窓の風景2


9:30 新慶州到着
着きました!予定よりも13分遅れで到着。それでも、2時間ちょっとで着けるというのはいいですね。あっとう間です。以前はソウルからKTXで東大邱まで行き、そこで慶州行きの線に乗り換えて3時間半から4時間弱掛かっていたんですから。改札を出てみると、おおお!こちらには開通をお祝いする雰囲気?!がちょっとありました。駅員さんたちがずらりと並んで、駅を出て行くお客さん一人、一人にご挨拶。お客さんの方が少ないんで、逆に挨拶を受けるほうがちょっとはずかしいですね。さて、ここからまずどう行くか?なんですが、この新慶州という今回新しくできたKTX駅、観光地や市内からちょっと離れているんです。もともとある慶州駅は周辺に食堂、お店、見所などがありますが、こちら新慶州駅はまだ何もなく、どこへ行くにもまずは市内バスに乗って慶州駅、またはターミナルにでないといけません。時間的には約20分。まずは駅を背にして右に進むとバス乗り場があります。ここから各町に行く市内バス、そして浦項へのシャトルバスなども出ていますよ。
到着です。

到着です。

できたばかりなんで、さすがにぴかぴか。

できたばかりなんで、さすがにぴかぴか。

駅構内の観光案内所でマップをゲット。

駅構内の観光案内所でマップをゲット。

新羅1000年の街、ですね。

新羅1000年の街、ですね。

駅のスタッフのお出迎え。

駅のスタッフのお出迎え。

開通日ならでは?!

開通日ならでは?!

新しい駅です。周りは広場になっています。 新しい駅です。周りは広場になっています。 新しい駅です。周りは広場になっています。

新しい駅です。周りは広場になっています。


9:40 市内バス乗車(新慶州⇒ターミナル)
ナビの最初の目的地、仏国寺に行くにはターミナル(または慶州駅)に出て、そこから仏国寺行きのバスに乗り換えます。ターミナル行きのバスは50、51、70。もし分からない場合は、「高速ターミナル(コソットーミノル)?」(駅に行きたい場合「慶州駅(キョンジュヨッ)?」)と聞けば答えてくれます。
浦項行きのシャトルバス。

浦項行きのシャトルバス。

市内バスの路線図あり(韓国語)。

市内バスの路線図あり(韓国語)。

バス路線についてはこちらをご参考に!
↓      ↓      ↓

10:00 ターミナル到着、市内バス乗車(ターミナル⇒仏国寺)
10時ごろターミナルに到着し、そのバス停(高速ターミナル向かい)から10番または11番バスに乗って仏国寺に向かいます。5分ぐらいでしょうか?待ったらバスがやってきました。のんびりバスに揺られながら車窓から外を眺めると、ちょうど紅葉の時期でとってもキレイ~。思わずがたん、がたんなりながらも写真をぱちり!
ターミナル側から見るバス停。

ターミナル側から見るバス停。

10番バスがきました。

10番バスがきました。

一番前の席に乗って、紅葉ドライブ?!

一番前の席に乗って、紅葉ドライブ?!


10:20 仏国寺到着、見学
さて、仏国寺に着きました!10時20分!この時間は、ここから石窟岩行きシャトルバスの出発時間。もしかしてと思ってバス停で待ってみましたが、来る気配もなかったので、先に仏国寺を見学することに。まずは高台にある仏国寺入口まで歩きます(少し距離あり)。周りの人が行く方向についていけば、たどり着くはずです。世界遺産の石碑が出てきたらそこが入口です。ここでチケットを買って中に入ります。世俗の煩悩を洗い流してくぐる、という一柱門をくぐると、美しい景色が広がっています。池があり、その上に掛かる橋を渡りながら周りを眺めると、ん~、木々が色づいてとってもキレイ。いい時期に来たなぁとつくづく。
天王門をくぐって少し進むと、本堂が現れます。まずは入口の案内所によってパンフレットをもらうとよいかも。ナビがチケットにスタンプを押していると、スタッフが声を掛けてきて、スタンプラリーの用紙をくれました。さ、本格的に観光スタート。まずは国宝に指定されている青雲橋・白雲橋。ここから上ることはできませんが、上にある紫霞門の方からまた見下ろすことができます。俗世と仏国土を結ぶという石段だからでしょうか、どこも急です。次に奥へ進み、大雄殿、その前の多宝塔、釈迦塔、無説殿、極楽殿と続きます。見所満載で、なんといっても建物がうつくしく、背後の自然と調和してどの角度で写真を撮ってもキレイです。
KTX旅行記第6弾!~慶州・釜山日帰りの旅~! KTX旅行記第6弾!~慶州・釜山日帰りの旅~! KTX旅行記第6弾!~慶州・釜山日帰りの旅~!
KTX旅行記第6弾!~慶州・釜山日帰りの旅~! KTX旅行記第6弾!~慶州・釜山日帰りの旅~! KTX旅行記第6弾!~慶州・釜山日帰りの旅~!
KTX旅行記第6弾!~慶州・釜山日帰りの旅~! KTX旅行記第6弾!~慶州・釜山日帰りの旅~! KTX旅行記第6弾!~慶州・釜山日帰りの旅~!
KTX旅行記第6弾!~慶州・釜山日帰りの旅~! KTX旅行記第6弾!~慶州・釜山日帰りの旅~! これが極楽殿前の幸せを呼ぶ金豚。なでなで~しておきましょう。

これが極楽殿前の幸せを呼ぶ金豚。なでなで~しておきましょう。


11:40 シャトルバス12番乗車(仏国寺⇒石窟岩)
しっかり見ていたら、1時間ちょっとかかりました。仏国寺入口に戻ると、シャトルバスがすでに停まってる~っと急いでバスに向かうと、出発は40分とのこと(ほっ)。
12:00 石窟岩到着、見学
バスを降りてすぐ正面を見ると、伝統建築の建物と階段が見えます。まずはその方向へ。入口でチケットを購入したあと、山道を進んでいきます。だいたい10分ぐらいでしょうか?ゆっくり歩くともっと掛かると思います。平坦な広場に着き、上を見上げると、山の斜面にこんもりと山型になっているのが見えます。あそこが世界遺産の石窟岩。すごく大きなものだと思っていたので、実際に見ると小さい感じがしてしまいましたが、すばらしい石像です。しっかり見納めてきました(写真撮影は禁止)。見終わったら、さっき来た山道を戻ります。戻ったのは12時半ごろでしたが、ちょうどお昼時間だったため、次の仏国寺へ戻るシャトルバスは13:05出発。ココはタクシーもないので、30分ほど待つことになってしましたが、仕方ないです…。
入口が見えます。

入口が見えます。

チケットを買って、

チケットを買って、

山道を登っていきます。

山道を登っていきます。

出てきました。山の斜面に建物が見えます。

出てきました。山の斜面に建物が見えます。

水で清めて。

水で清めて。

冷たいっ。

冷たいっ。

入口に案内所あり。

入口に案内所あり。

せっかくなんで、ここでもスタンプ。

せっかくなんで、ここでもスタンプ。

入口に説明があります。

入口に説明があります。

石段を上がって行くと、

石段を上がって行くと、

この中に石窟岩があります。

この中に石窟岩があります。

こちらでお百度参りもやっているよう。

こちらでお百度参りもやっているよう。


13:20-15:00 仏国寺到着後、市内バスでランチ場所(地元で人気の韓定食レストラン「コンイラン」)へ
仏国寺に戻ったら、ここで釜山ナビの記者、さっちゃんと合流~!一緒にランチをすることに。慶州が気に入って、週末によく来るというさっちゃん。今日はいつも気になっていたけど、混んでいて食べられなかった…というお店に、平日だから空いてるかも?!という期待を胸に行ってみることに。場所は仏国寺から新羅ミレニアムパークやホテルが集まっている普門団地へ向かう途中にあります。朝ターミナルから乗ったときと同じ10番バスに乗って5分ほど。

待ち時間が20分ほどだったので、予定より時間が掛かってしまいましたが、テーブルいっぱいに料理が並んで1人前7000ウォン(2010年11月現在)!これはおトクです。店名「コンイラン(豆と)」どおり、豆、豆腐料理をはじめ韓国の家庭料理を多様に楽しめる定食。たくさん食べても胃には負担にならないのがいいですね。っといっても、ちょっと食べ過ぎちゃったかなぁ。
「コンイラン」
住所:慶尚北道 慶州市 蝦洞 346-2
電話番号:054-743-6282

15:30 市外バス乗車(慶州⇒釜山)
慶州から釜山までKTXだと約35分ですが、実はバスでも早ければ40~50分で着くとのことで、慶州市外ターミナルから釜山までバスで向かうことに。KTXは運行間隔がちょっとあるので時間があわせにくいですが、このバスなら15分間隔で出発しているので便利。ナビたちもチケットを買ったらすぐ乗れました。あ、チケット購入時には特に時間が決まっているわけではないので、都合に合わせて釜山行きのバスに乗ればおっけー。
駅で慶州名物、慶州パンとチャルボリ(麦)パンをお土産に。 駅で慶州名物、慶州パンとチャルボリ(麦)パンをお土産に。 駅で慶州名物、慶州パンとチャルボリ(麦)パンをお土産に。

駅で慶州名物、慶州パンとチャルボリ(麦)パンをお土産に。


16:15 釜山ターミナル到着、老圃洞から地下鉄でチャガルチへ
だいたい45分ぐらいでしょうか?早かったです。さっちゃんとおしゃべりをしているうちに着いちゃいました。さて、ここから今度は釜山地下鉄に乗ります。バスターミナルと地下鉄駅は繋がっているので、そのまま地下鉄乗り場へ。駅名は老圃洞(ノポドン)駅。ここから1号線に乗って1本、チャガルチを目指します!さっちゃんとはここでお別れ~。さっちゃん、またソウルで会いましょう!

17:00 チャガルチ駅到着、一人コムジャンオ(ヌタウナギ)
おおお~、外はもうすっかり暗くなってしまいましたが、チャガルチ市場は営業中~。アジメ(おばさん)の声があちこちで聞こえてきます。ん~、どこを見ても新鮮な魚介類、干物などが並んでいます。あてもなくぷらぷら歩いていたら、コムジャンオ(ヌタウナギ)のお店が並ぶ通りでひっかかってしまいました。でも、コムジャンオ、食べたいなぁと思っていたし、進められるままに一人コムジャンオすることに。時間がまだちょっと早いので、お客さんはナビ一人~。少し待っていると、真っ赤っか~な味付けのコムジャンオが盛られた鉄板が運ばれてきました。そして火をつけると、わ~、にゅるにゅると動いているではありませんか!さっきまで水槽で泳いでいたコムジャンオがここに。間違いなく新鮮です。
顔が切れてしまいましたが、このアジメの笑顔に誘われて入りました。
1人前でもオッケーということで、2万ウォン。
KTX旅行記第6弾!~慶州・釜山日帰りの旅~! KTX旅行記第6弾!~慶州・釜山日帰りの旅~! KTX旅行記第6弾!~慶州・釜山日帰りの旅~!
焼いてくれます。

焼いてくれます。

見えるかな・・・かなりにょろにょろ。

見えるかな・・・かなりにょろにょろ。

でもおいしそう。

でもおいしそう。

時間が早いのかな。

時間が早いのかな。

あわび入り。うまい。

あわび入り。うまい。

コムジャンオはエゴマの葉にニンニクスライスと唐辛子を一緒に包んで。ん…こりゃソジュ(焼酎)にぴったり。

コムジャンオはエゴマの葉にニンニクスライスと唐辛子を一緒に包んで。ん…こりゃソジュ(焼酎)にぴったり。


18:00 影島海水湯
旅の疲れを家まで持って帰りたくないので、やっぱり最後は温泉に行きたい・・・と探していたら、釜山には東菜をはじめいくつか温泉街がありますが、チャガルチの近くに海水湯があると。釜山ナビの記事を見ると、すべすべになり、しかも南浦洞からタクシーで約7分。コムジャンオがまだ胃の中で動いてる?!感じがしますが、タクシーを捕まえて影島海水湯へ(タクシー代:3000ウォンぐらい)。大通りからちょっと路地に入ったところにあり、中はまさに銭湯、という感じですが、この海水湯はあなどれません。時間もなく、海水湯に5分×2回ほど浸かっただけなのに、肌がつるっつるになりました。アカスリをしたわけでもないのに、背中もつるつるに。近くにあったら通いたいぐらいです。

19:00 南浦洞ぷらぷら
さて、最後は南浦洞をまわってからソウルに戻ることに。ついこの間、釜山映画祭のときはこの辺もかなりの賑わいだったんだろうなぁと思いながら、PIFF広場、国際市場をぷらぷらと。人気のホットッ屋台ですごい行列ができていましたが、コムジャンオがまだ消化できず・・・次回にしましょう。時間もちょっと余っていたので、釜山タワーの夜景で〆?!とも思いましたが、最後はゆっくりすることにしました。

20:00 KTX(釜山⇒ソウル)
うとうとしながら、ソウルまで2時間36分(だったはず)。最短コースではなかったので、少し時間が掛かりましたが、それでも、10時台には着いたので優秀です。

いや~、日帰りでも行けるもんですね~。ただ、本当はもっとびっしりと計画を立てていたんですが、途中で時間がなくなり、削って、削って、こんな感じになりました。慶州は移動に時間がかかるので、その分を考慮して計画を立てたほうがよさそうです。あるいは見所もたくさんあるので、慶州1泊⇒釜山でもいいかもしれません。そうそう、年末にはソウル⇒釜山のノンストップ直行便が運行される予定だとか。そうなると、所要時間は今よりもっと短くなり、2時間8分とか。セマウルで5時間ほど掛かることを考えると、かなりの短縮ですね。皆さんもソウルからKTXで釜山、慶州のたび、計画してみてはいかがでしょうか?今度はいつ慶州に行くか~と早くも考えてるソウルナビでした!


上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2010-11-05

ページTOPへ▲

関連記事

KTX旅行記第8弾!~浦項へ1泊2日のグルメ旅!!

KTX旅行記第8弾!~浦項へ1泊2日のグルメ旅!!

蟹にクァメギにムルフェ!慶尚北道の港町、浦項(ポハン)で冬の海鮮グルメ三昧~

慶州3大世界遺産巡りツアー(仏国寺&石窟庵・慶州歴史遺跡地区・良洞村)【釜山発】

慶州3大世界遺産巡りツアー(仏国寺&石窟庵・慶州歴史遺跡地区・良洞村)【釜山発】

新羅千年の歴史を肌で感じれる観光スポット!!!

その他の記事を見る