クム・ナンセの解説がつく室内楽済州新羅ホテル2012ミュージックアイルフェスティバル

自然と音楽が調和した上質な室内楽フェスティバル


自然と音楽が調和した上質な室内楽フェスティバル
毎年2月、済州島に室内楽音楽の美しさを届ける指揮者クム・ナンセ。彼が率いる2012済州ミュージックアイルフェスティバル"が、今年も2012年2月10日(金)から2月18日(土)まで、済州新羅ホテルで開かれます。 2005年1月の初開催から、企業家と演奏家、各国外交使節たちがお互いに共感し協力できる出会いの場となってきた済州ミュージックアイルフェスティバル"は、2012年にも美しい自然とアンサンブルの饗宴の中で、芸術を愛する人たちの出会いをより貴重で豊かなものにしてくれるでしょう。

2012年!室内楽の魅力を届ける最高のアンサンブルリスト
多彩で個性的なプログラムにより、世界の舞台で活動する実力派演奏者たちと一緒に楽しめる時間を用意しました。今回のフェスティバルは、ニュージーランドとロシアから来た全く別の性格をもつ弦楽四重奏団とピアノトリオの一チームが参加しています。そしてフルーチストとピアニストが、彼らと一緒に美しいハーモニーを作っていきます。まず、今回のフェスティバルでは、ロシアの伝統を継承している若いカルテットのNew Russian Quartetと2012年に創立25周年に合わせNew Zealand String Quartetが参加し、室内楽の音楽の新旧調和を見せてくれる予定です。
火曜日から合流するデンマーク出身のTrio con brio Copenhagenは、2005年の最も実力のある新人に贈られるKalichstein- Laredo- Robinson International Trio Awardを受賞した実力派ミュージシャンたちです。この3チームはロンドンタイムズ紙が、"平凡でない巨匠"と表現するほど全世界的にその実力を認められているフルーチストのRobert Stallmanと、ブルガリア出身で作曲にも卓越なピアニストのGeorgii Cherkinもソリストとしてこのフェスティバルに参加します。
この13人の実力派ミュージシャンたちに加えて、チャンバオーケストラのCamerata Sが参加し、どの年よりも豊かで感動的な時間をプレゼントすることでしょう。

ミュージックアイルフェスティバルの入場料は、一般は1名5万ウォン、宿泊客は1名3万ウォン。
問い合わせ:82-2-2230-3685

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2012-01-09

ページTOPへ▲

その他の記事を見る