済州新羅ホテル「漢拏山 不老スープ」が人気!

アワビや冬虫夏草など5つのローカルフードで作ったスタミナスープ

この3月、済州新羅ホテルにオープンした「ザ・パークビュー」は、地元でとれる新鮮なローカルフードを提供する、ビュッフェ料理が人気です。
野菜は済州島で栽培した有機野菜を使用、鶏肉も済州島産の最高級。刺身と寿司に使う魚介類は、韓国最南端の馬羅島周辺海域で捕れた活魚を使用しています。バーベキューコーナーでは、 無抗生剤とHACCPの認証を受けた黒豚を使用、副菜のキムチと漬物は最高級の韓国産食材です。
ここのビュッフェで最近話題になっているのが「 漢拏山 不老スープ」。このスープは、済州島の代表食材である5つのローカルフードを用いて作られています。済州産のアワビ、黒豚、鶏、椎茸、韓牛など、各種保養食材を5時間煮たスープ料理で、ディナービュッフェ料理の一つとして、毎晩7時~8時の間にだけ提供される特別料理です。
■ザ・パークビュー(済州新羅ホテル 3階)
問い合わせ: 064-735-5334
座席数: 総374席
ディナーブッフェ: 18:00~21:30 大人 75,000ウォン
子供(49ヶ月~13歳)42,000ウォン
*税・サ別料金

その他情報

※文章、および写真をソウル新羅ホテル様よりご提供いただきました。
関連タグ:済州新羅ホテル

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2012-08-06

ページTOPへ▲

その他の記事を見る