済州新羅ホテル「夏のプレミアムスイーツ」開始

済州島に行ったら、一度は食べてみたい夏の人気メニュー! 

夏のデザートとして開発して日本人旅行客にも大人気だった、新羅ホテルの「夏のプレミアムスイーツ」が今夏も新バーションで登場しました。済州新羅ホテルが6月1日、ロビーラウンジ・パダンで地産の果物を使った「アップルマンゴーかき氷」と、「ブルーベリーかき氷」の販売を開始しました。このスイーツは夏季限定で、価格は各々2万5千ウォン(一人用)。

今回販売中のアップルマンゴーかき氷は手作りのマンゴーシャーベットに、新鮮な果実をたっぷりと使ったフルーツかき氷です。ほどよい甘さと、口の中でふわっととろけるミルク氷の感触が逸品です。トッピングの小豆はお好みで選べます。アップルマンゴーは色や形がりんごに似ていることから、そう名付けられたといいます。 一般のマンゴーよりも果汁が豊富で、甘くまろやかな味が魅力です。新羅ホテルでは済洲島産の最高品質のものを使用しています。
旅行客の中にはおいしさにひかれてかき氷を追加で頼む人や、新羅のマンゴーを別購入したいという問合わせも増えています。マンゴーは甘いだけでなく、果物の中でもビタミンAが最も多く含まれているので、ヘルシーなスイーツとしても人気です。

ブルーベリーかき氷はブルーベリーのアイスクリームに、さらさら氷をのせ有機栽培のブルーベリーソースを加えたものです。味は甘くさっぱりとしています。植物繊維が豊富で、低カロリー・低脂肪で夏のデザートにぴったりな果物です。普通は2人以上で提供されますが、済州新羅ホテルのロビーラウンジ・パダンでは、個人客も楽しめる一人用の
かき氷を準備しました。

また、昨年はソウル新羅ホテルでもこのかき氷が大ブレーク。日本人旅行客の間でも、一度は食べてみたい夏のスイーツとして話題になりました。

■場所:
済州新羅ホテル ロビーラウンジ・バダン 

■営業時間:
8時~24時

■お問い合わせ:
82-64-735-5587

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2013-06-11

ページTOPへ▲

その他の記事を見る