【PR】鼻の手術方法で考えなければいけないことは?

ライク整形外科が提案する鼻手術!個人に合わせた高さ、デザインが必須!

こんにちは、ソウルナビです。最近、整形外科に取材に行くと、鼻整形のお問合せが多い!という話をスタッフさんに聞きますが、今日は、その鼻整形について、江南にあるライク整形外科さんから詳しいお話を聞いていきましょう!鼻の手術の方法などなど、鼻整形で悩んでいる方はぜひ読んでいただきたい内容になっています!執刀医の技術はもちろん、どういった高さにするのか、デザインはどういうふうに?そのお客様お客様に合わせたケア方法で完成度ががらりと変わってきます!ということで、さっそくご紹介していきましょう!


ライク整形外科とは?

整形外科がひしめく江南エリアに位置するライク整形外科は、しっかりとした対応で安心してお任せすることができ、家族のようにケアしてくれるサービスの高い病院として知られています。またサービスだけではなく、経験豊富なドクターが得意の目整形、リフティング、唇整形を満足度の高い仕上げにしてくれると韓国女子からも評されるクリニック。もちろん、日本語が可能なスタッフも常勤。

鼻整形をする時に考慮すること!

顔の中心に位置した鼻は形や高さなどによってのっぺりした印象や立体感のある印象を与えます。
一般的に東洋人は西洋人に比べ全体的に鼻が低く、これは鼻を支えている鼻の骨や外側の軟骨と鼻先の鼻翼軟骨が西洋人より発達していない為です。このように全体的に低い鼻が不満な方は、立体感と魅力を引き出すことができる鼻の手術を検討してみましょう。鼻筋と鼻先だけでなく豚鼻やわし鼻なども改善させることができますが、他のパーツと比べてやり過ぎてしまうと逆にバランスが崩れてしまう可能性があるため慎重に決める必要があります。

鼻の長さは額、眉毛、顎まで3等分したときに⅓の長さで、鼻先の高さは横から見たときに鼻先から顎先までを繋ぐリケッツライン(Ricketts Line)が一番理想的な高さです。どれほど高くできるかは皮膚の特性によって異なる為、正確なmm数はカウンセリング時に決めましょう。
■■■個人によって違う鼻の理想的な形!■■■

鼻筋、“私は何mm高さがいるかな”
個人差はありますが一般的に男性は3∼6mm、
女性は2∼5mmほど高くするのが理想的です。
“私はどのような形が似合うかな”
鼻の形を決める前に自分の鼻の形を把握することが重要です。
丸い鼻先、ぶた鼻、矢印鼻など、どれに当てはまるのかを把握し鼻の形を決めることで満足度を高めることができます。
●直線型
強い印象の鼻 : まっすぐ一直線の鼻(平均的に男性が好む鼻)

●ラウンド型
華やかな鼻 : 鼻筋はラウンド型で鼻先がツンとしたライン

●半ラウンド型
自然な鼻 : 鼻筋から鼻先まで自然に屈曲したライン

●直線+ラウンド型
調和とバランスがとれた鼻 :(直線型と半ラウンドの中間)鼻筋は直線、鼻先は1∼2mmほど上がったライン


■■■鼻筋■■■
鼻の手術は鼻筋と鼻先に使用される材料がそれぞれ違います。
鼻筋を高くするために使用される保形物はシリコンとゴアテックスがあり、最近ではシリコンをもっとよく使う傾向にあります。

●シリコン

人体組織と似ているインプラント材料で拒絶反応が一番少ない物質。


●自家組織

組織が柔らかく人口保形物と比べ鼻先の高さを維持するのに限界があり手術後形が広がって見える場合があります。


■■■鼻先■■■
鼻先を触ってみると鼻先に比べ柔らかく動きやすいかと思います。これらの特性を生かすために似た組織である自家軟骨をよく使用します。


●鼻中隔軟骨

本来鼻を支える柱の役割をする鼻中隔軟骨は鼻先を高くするのにたくさん使われます。
鼻の形を維持するために必要な組織なのですべて使わずに鼻中隔の内側にある一部分だけ切除し鼻先を高くするのに使用します。


●耳軟骨

耳から一部を摂取し先に使用した鼻中隔軟骨の上に積み上げます。鼻先本来の丸い形を自然に表現してあげるには耳の軟骨が一番適しています。



●自家真皮
皮膚が薄く鼻先に入れた自家軟骨が透けると予想される場合は耳から自家真皮を摂取しこのような問題を解決します。耳の軟骨組織の切除時に同時に摂取できるという長所があります。



●寄贈軟骨
鼻中隔軟骨は前に説明したように本来鼻の中にある組織なので一番安定的ですが切除する量が限られてしまいます。



鼻手術は事前の正確なカウンセリング&真摯に向き合ってくれるクリニック選びが重要!

このように鼻の整形手術は鼻筋と鼻先に使用される材料が様々で人それぞれ皮膚の特性と高さなどによって使われる材料が異なる為、自分に一番適した手術を行うのが重要です。鼻の整形前に考慮するべきことは専門家と正確なカウンセリング後に決めるのをお勧めします。

ライク整形外科・鼻手術のビフォーアフターの症例写真をご紹介!

いかがでしたか?鼻整形というと、ただ単に高くするだけなのかと思っていたナビですが、いろいろな方法、そして一人ひとりに合った形や高さがあるんですね~!顔の中心部にある鼻だけに、それだけでその人の第一印象はだいぶ変わってきますよね。高すぎず、より洗練されたフェイスライン、顔立ちになるために、しっかりと向き合ってくれるライク整形外科にお悩みの方はぜひカウンセリングをされてみるといいかもしれません。以上、ソウルナビでした。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

記事登録日:2019-08-20

ページTOPへ▲

その他の記事を見る