韓国の美紀行、丹陽八景+救仁寺ツアー [SR77]

閉店・移転、情報の修正などの報告

忠清北道丹陽(タニャン)の絶景を巡るツアーが新登場!

ソウルから車で約2時間の距離に位置する忠清北道丹陽(タニャン)の絶景を巡る【韓国の美紀行 丹陽八景+救仁寺ツアー】。
韓国人の「行ってみたい旅行先」の一つにも数えられる「丹陽八景」は、大自然が演出する総合テーマパークという評価を受けるなど、金剛山、関東八景と並ぶ韓国の絶景として有名です。
2008年には丹陽八景のうち島潭三峰をはじめ、石門、亀潭峰、舎人岩、玉筍峰などの五景が国家指定文化財の名勝として指定され、韓国人はもちろん、多くの外国人観光客も訪れています。ソウルの観光地巡りとは違う、韓国の絶景を満喫できる貴重な機会をツアーにてお届けいたします。

救仁寺


救仁寺(グインサ)は、韓国仏教天台宗の総本山として、国内最大の5階の大法堂をはじめ、50棟余りの建物が立ち並んだ大規模な寺院です。
日本でいうと比叡山延暦寺のようなところです。
すばらしい建築様式や自然と調和された荘厳な景観が、境内に足を踏み入れた瞬間から見る者を圧倒させます。宗教の有無に関わらず、多くの観光客も後が絶えない名刹の一つです。

丹陽八景


韓国では風光明媚な景観から『韓国の桂林』とも呼ばれる有名な景勝地ですが、日本での知名度は低いのではないでしょうか。
丹陽地方のほとんどが険しい山で、雨が降るとたちまち霧が山を覆い、まるで山水画のような風景が広がるんだそう。


■島潭三峰(トダムサンボル)
ゆったりと流れる川の中央に荘厳に構える将軍峰を中心として、三つの峰がそびえ立っています。


■石門(ソッムン)
島潭三峰の近くに位置する石門は、巨大な岩が虹のように一つに繋がり、門のような形状をしていることからこの名前が付けられました。人工岩ではなく、自然の力でこのような形になったというから不思議!


■下仙岩(ハソンアム)
三層になった広く大きな岩の上に、丸い岩が載っている形状が、まるで石仏のように見えることから、“佛岩”とも呼ばれています。


■上仙岩(サンソンアム)
大小不揃いな奇岩が集まり、渓流に沿って激しく流れる水路が、みごとな絶景となっている。


■舎人岩(サインアム)
李朝時代最高の画家とも言われる金正喜が、天から落ちてきた一枚の絵と同じであると称賛したほど美しい景観です。

■中仙岩(チュンソンアム)
自然の力がつくり出した白い岩が重なり合い、青く輝く渓流と鮮烈な対照をつくりだしている景勝地。


■遊覧船から観光できる亀潭峰(クダムボン)と玉筍峰(オッスンボン)
大きな亀が絶壁を這い上がっているかのような形状をしていることから「亀潭(クダム)」という名前が付けられた亀潭峰(クダムボン)と、青白く輝く岩が力強くそびえ立ち、まるで筍のように見えることから「玉筍(オッスン)」という名前が付けられた玉筍峰(オッスンボン)。

丹陽

救仁寺と丹陽八景

記事登録日:2012-03-06

ページTOPへ▲

ユーザーアルバム

  • photo

    akane0622

  • photo

    akane0622

ページTOPへ▲

スケジュール

区分 内容 食事
7:00~19:30 ホテル → 救仁寺 → 昼食 → 丹陽八景【島潭三峰 → 石門 → 遊覧船からの観光(亀潭峰 → 玉筍峰)→ 舎人岩 → 下仙岩 → 中仙岩 → 上仙岩】→ ソウルのホテルにて解散 韓国家庭料理

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2012-03-06

利用日
大人 子供

関連記事

丹陽

丹陽

別名「韓国の桂林」風光明媚な観光地!丹陽八景も有名。