「屋根裏部屋の皇太子」ロケ地ツアー[SR86]

閉店・移転、情報の修正などの報告

朝鮮王朝の王様が現代にタイムスリップ!?ファンタジーラブコメディ「屋根裏部屋の皇太子」の世界にあなたをご招待!


2012年、韓国ドラマにタイムスリップ旋風を巻き起こした『屋根裏部屋の皇太子』。朝鮮時代に生きる皇太子(王世子)イ・ガクと臣下3人が、2012年現代に生きるパク・ハの屋根裏部屋に突然タイムスリップしたことで始まるファンタジーラブストーリー!時空間を超えた恋の行方と、皇太子妃(世子嬪)の死を取り巻く謎、皇太子妃の妹プヨンとの関係など、テヨン、パク・ハ、セナ、テムの4人の男女が過去と現在を行き来しながらのストーリー展開に、毎回ハラハラドキドキ!今回はそんな楽しくも感動を呼んだ『屋根裏部屋の皇太子』のロケ地に皆様をご案内!

【半日コース】


■パク・ハの家

■イ・ガクが臣下に髪を切らなければならないと言った公園/夜、パク・ハが運動していた所

■イ・ガクとパク・ハが語り合ったベンチ

■パク・ハとセナの母の家/ヨン・テヨンの祖母の家

■イ・ガクがパク・ハをからかった所
イ・ガクが、パク・ハは足が短くて歩幅も狭いと冷やかします。

■ヨーグルトを飲みながらイ・ガクとパク・ハが座っていたベンチ/最終回で、イ・ガクとパク・ハが手を取り合った所

最終回で約束の場所に行ったパク・ハはイ・ガクと再会。イ・ガクは「300年が過ぎても永遠に愛している」と言って、パク・ハの手を握ります♪

■デート前にパク・ハの後をイ・ガクがこっそりついていった所
■ジュースのお店

朝鮮時代に戻る前に、イ・ガクと臣下たちが、お金を稼いでパク・ハのためにプレゼントした果物ジュース店♪
その名も『パク・ハのタルダルジュース』。
【半日コース】は、ここで終了です!この後、明洞にて解散となります。

1日ツアーはこちらのロケ地も巡ります!


■パク・ハとイ・ガクが訪ねた写真館/パク・ハがイ・ガクの携帯電話を地面に埋めた所
パク・ハが幼いころの記憶に関する手がかりを求めて、唯一残された家族写真をもって写真館を訪ねます。

■パク・ハが上った歩道橋/イ・ガクが車道を横断して交通事故に遭いそうになった所

■パク・ハがイ・ガクに自転車の乗り方を教えた所

■イ・ガクとセナがカップル自転車に乗った所

自転車に乗ったあと、木陰で休んでいるセナの姿を見たイ・ガクは、過去の皇太子妃の姿を思い浮かべます。
【1日コース】はここで終了!このあとご宿泊先のホテルまでお送りいたします。

日本での放送は7月末にKNTVで放送されるそうですよ!JYJのユチョンが出演しているとあって、ファンの方には見逃せないドラマではないでしょうか。ドラマを見たら、こちらのツアーでユチョンが立ったあの場所に、是非足を運んでみて下さい!

記事登録日:2012-06-14

ページTOPへ▲

スケジュール

区分 内容 食事
【半日コース】
08:30~13:00
ホテル → ヨン・テヨンの祖母の家 → 屋根裏部屋を改装中にキャンピングカーで生活をした所 → イ・ガクがパク・ハを冷やかした所 → バク・ハとイ・ガクが座っていたベンチ → パク・ハが涙を浮かべた公園 → パク・ハのあとをついていった壁画村 → イ・ガクたちがパク・ハにプレゼントした“タルダルジュース”のお店 →パク・ハと セナの母の家 → パク・ハの屋根裏部屋 → イ・ガクが臣下たちに髪を切らなければならないと言った公園 → イ・ガクとパク・ハがで語り合った丘 → 最終回で、パク・ハとイ・ガクが再会した所 → 明洞にて解散 なし
【一日コース】
09:30~17:00
ホテル → ヨン・テヨンの祖母の家 → 屋根裏部屋を改装中にキャンピングカーで生活をした所 → イ・ガクがパク・ハを冷やかした所 → バク・ハとイ・ガクが座っていたベンチ → パク・ハが涙を浮かべた公園 → パク・ハのあとをついていった壁画村 → イ・ガクたちがパク・ハにプレゼントした“タルダルジュース”のお店 →パク・ハと セナの母の家 → パク・ハの屋根裏部屋 → イ・ガクが臣下たちに髪を切らなければならないと言った公園 → イ・ガクとパク・ハがで語り合った丘 → 最終回で、パク・ハとイ・ガクが再会した所 → お昼 → パク・ハがイ・ガクと訪ねた写真館 → パク・ハ一人で上った歩道橋/イ・ガクが車道を横断して交通事故に遭いそうになった所 → パク・ハがイ・ガクに自転車の乗り方を教えた所 → パク・ハがイ・ガクの携帯電話を地面に埋めた所 → イ・ガクとセナがカップル自転車(2人乗り自転車)に乗り、休憩した木陰 → ホテルにて解散 韓国家庭料理

注意事項、その他条件

1.代金には次の項目が含まれています。
【半日コース】交通費、日本語ガイド、車
【一日コース】交通費、日本語ガイド、車、お昼
2.交通事情により所要時間に若干のずれが生じる場合もあります。
3.天災地変、又は本ツアーにて提供していない原因による事故などに関しては一切責任を持ちません。
4.お昼は韓国家庭料理です。

上記の記事は取材時点の情報を元に作成しています。スポット(お店)の都合や現地事情により、現在とは記事の内容が異なる可能性がありますので、ご了承ください。

スポット登録日:2012-06-14

利用日
大人 子供